法定外休日 - SmartHR ヘルプセンター

法定外休日

ほうていがいきゅうじつ

事業所独自で定めている休日のことで、所定休日とも呼ばれています。法定休日は1週間に1日以上または4週間に4日以上、必ず与えなければならないとされています。

もし土日の2日間を休日と定めている事業所で日曜日を法定休日としていた場合、土曜日は法定休日にしても法定外休日にしても良いとされています。

1日8時間勤務の事業所の場合、5日間働くと法定労働時間の40時間になるので、週に2日の休日が必要になります。休日が法定内か法定外かが問題になるのは、賃金計算をする時です。

1日8時間・週に5日間勤務の人が6日目の法定外休日に働くと、事業主は時間外の割増賃金として通常の25%以上増しの賃金を、7日目の法定休日に働くと35%以上割増しした賃金を支払わなければなりません。

あらかじめ「休日に労働させた場合は一律35%以上の割増賃金を支払うこと」と決めていれば問題ないですが、そうした取り決めをしていない事業所では休日が法定内なのか法定外なのかによって賃金が変わるため、明確にしておいたほうが良いといえるでしょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー