法定休日 - SmartHR ヘルプセンター

法定休日

ほうていきゅうじつ

労働基準法35条で定められている労働する義務のない日(休日)のことです。

事業主は少なくとも1週間に1日、または4週間に4日以上の法定休日を労働者に必ず与えなければならないとされています。

労働基準法における1日とは午前0時から午後12時までを指すため、この時間内が原則の休日となりますが、たとえば3交代制の24時間勤務などの場合は、連続した24時間で法定休日と認められるケースもあります。

また、このような勤務形態が多い旅館やホテルのフロント業務などは、連続した30時間を法定休日にして良いことになっています。

法定休日は個人ごとに確保されていれば労働基準法に抵触せず、曜日を特定したり全員の労働者を一斉に休ませる必要がないので、適切なシフトを組めば年中無休の業務にも対応できます。

ただし1週間に1日ではなく、4週間に4日などの休日にする場合は、変形休日制を採用していることを就業規則などに明記しておく必要があります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー