振替休日 - SmartHR ヘルプセンター

振替休日

ふりかえきゅうじつ

業務が多忙な時期などに、労働義務のない休日と労働義務のある出勤日をあらかじめ入れ替えた休日のことです。

休日労働をさせてから代わりに与える「代休」とは扱いが異なります。

振替休日の代わりに出勤した日の賃金は、その週の労働時間が40時間を超えていなければ、事業主は割増賃金を支払う必要がありません。

40時間を超えた分は25%割増しの賃金を支払わなければなりませんが、休日労働した場合の35%割増賃金を支払う必要はありません。

ただし振替休日がはるか先になってしまい結果として週に1日の法定休日が確保できなくなってしまった場合などは、休日労働した場合と同様に割増賃金を支払うことになるので注意しましょう。

振替休日の有効期限(与えなければならない期限)は2年と定められていますが、この期限では改善指導を受ける可能性があるため、就業規則などに振替休日に関する規定を設けて、少なくとも1ヶ月以内、遅くても3ヶ月以内には振替休日を与えるようにしましょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー