代休 - SmartHR ヘルプセンター

代休

だいきゅう

労働者が休日に働いた場合に、その代償としてそれ以降の特定の日に与えられる休日のことです。

前もって休日と労働日を入れ替えた「振替休日」とは扱いが異なります。

振替休日の場合は、週40時間の法定労働時間を超えていなければ、事業主は割増賃金を支払う必要はありませんが、代休の場合は休日に労働させているため35%割り増しの賃金を支払う義務が発生します。

事業主は36協定を締結したうえで、休日労働の対価として労働者に割増賃金を支払えば代休は与えなくても良いことになっていますが、労働者の心身に与える影響を考慮するとあまり好ましくありません。

振替休日と代休は混同されやすく、それによってトラブルが起きることも少なくないため、事業主も労働者もその違いをよく理解しておく必要があります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー