検索の抗弁権 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 法律 > 検索の抗弁権

検索の抗弁権

けんさくのこうべんけん

「検索の抗弁権」とは、「催告の抗弁権」と同じく民法で定められているもので「本人に収入や資産があることを証明するので、私に返済を求める前に本人に請求してください」と主張できる保証人の権利のことです。

催告の抗弁権は「まずは本人に請求してください」と主張できますが、検索の抗弁権を行使するには借金返済などの義務を負っている本人(債務者)に、その義務を果たすことができる能力や資産があることを保証人が証明する必要があります。

ただし、連帯保証人になっている場合、本人が破産した場合や行方不明になった場合は、検索の抗弁権も催告の抗弁権も行使できないとされています。

労働契約を結ぶ際、雇用予定の労働者に身元保証書を提出させる事業所が多いですが、身元保証人には「身元保証に関する法律」の第6条により検索の抗弁権が保障されています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー