雇い止め - SmartHR ヘルプセンター

雇い止め

やといどめ

あらかじめ労働期間を決めて雇用した労働者を、期間満了を機に辞めさせることです。

契約時に終了する時期を提示していたのだから問題ない、としたいところですが、何度も契約を更新し1年以上も同じ事業所で働いてきた場合には、期間の定めがなく雇用された労働者と同等であると判断されることが多くあります。

雇い止めをするには30日前までに労働者に予告し、雇い止めの理由を労働者から求められた場合には事業主側は回答する義務があります。

その際は、事業所の移転や担当していた業務の終了など、期間満了以外の理由が必要だとされています。

雇い止めに関するトラブルが多いため労働契約法の中でも、契約更新の有無・更新する場合の理由・更新しない場合の理由などを雇用契約時に明示することが定められています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー