割増賃金 - SmartHR ヘルプセンター

割増賃金

わりましちんぎん

法定時間数を超えて労働した場合、深夜に労働した場合、休日に労働した場合などに、通常の賃金を割増しして支払われる賃金のことです。

1日8時間あるいは週に40時間を超えて労働した場合の時間外割増賃金は25%増しになり、午後10時から午前5時までの間に労働した場合の深夜割増賃金も25%増しです。

また、1週間に1日は必要と定められている法定休日に労働した場合の休日割増賃金は35%増しで、日中8時間働いた後にさらに深夜まで残業するような場合は、時間外25%+深夜35%=60%増しになります。

一定規模以上の企業では、1ヶ月間の残業が60時間を超える場合は、50%増しの割増賃金を支払うといった規定を設けているところもあります。

また、割増賃金を支払わない事業主に対しては、罰金刑や懲役刑などの刑罰が科せられます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー