手待ち時間 - SmartHR ヘルプセンター

手待ち時間

てまちじかん

実際に手はあいているけれど、指示があればすぐに労働できる状態で待機する時間のことを指します。

手があいているのだから休憩時間であると主張する事業主側と、指示待ちの状態で自由がないのだから労働時間であると主張する労働者の間でトラブルになることがあります。

飲食店で来客を待っている状態、出動命令に備えて警備員の制服を着用して待機中の状態、昼食中でもかかってきた電話には出るように指示されている状態などは労働時間と判断されます。

休憩時間は、労働から完全に解放されている状態でなければならないと法律で定められています。

労働者の心身の健康を保つためには、指示待ちや電話待ちなどの緊張した状態から解放された休憩時間を確保することが大切です

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー