深夜労働 - SmartHR ヘルプセンター

深夜労働

しんやろうどう

午後10時から午前5時までの深夜の時間帯に働くことです。

24時間稼働している工場の交替勤務や病院・介護施設などでの交替勤務などが具体例として挙げられます。

労働者の心身に負担がかかる時間帯の労働なので、事業主は通常の25%割増しした賃金を支払う必要があります。

好ましい状況ではないですが、8時間労働した後に更に午後10時からの深夜労働を続けているような場合には、時間外労働の割増し25%+深夜労働の割増し25%=50%の割増賃金を支払う必要があります。

休日に深夜労働させた場合には、休日労働の割増し35%+深夜労働の割増し25%=60%の割増賃金になります。

割増賃金の制度があっても深夜労働を進んで引き受ける労働者が少ない事業所などでは、勤務1回あたり数千円から数万円の「夜勤手当」を支給する例も多く見られます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー