社会保険料 - SmartHR ヘルプセンター

社会保険料

しゃかいほけんりょう

健康保険・国民年金・国民年金基金・厚生年金・介護保険・雇用保険など、公的保険に加入している人が支払う保険料の総称です。

労働者として雇用されている人はほとんどの場合、健康保険・厚生年金・雇用保険に加入していますが、その保険料は毎月の賃金から天引きされ、事業主が保険料を上乗せして健康保険協会や組合、日本年金機構などに納付します。

労働者が扶養している家族の保険料は、保険に加入している人全員で分担して負担する仕組みになっています。

自営業者の人などが加入する国民健康保険は税金として世帯主に請求され、口座振替や納付書を利用して納めます。

国民年金の場合は、口座振替や納付書のほかにクレジットカードで保険料を納付することもできます。

国民健康保険や国民年金には扶養者という考え方がなく、一人一人が被保険者として加入して保険料を納めていきます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー