労災保険 - SmartHR ヘルプセンター

労災保険

ろうさいほけん

正式名称を「労働者災害補償保険」といいます。

労働者が業務中や通勤中の事故が原因でケガや病気をした場合・障害を負ってしまった場合・死亡した場合に、労災保険から必要な保険給付が受けられる制度です。

補償されるのは正社員に限らず、パート労働者やアルバイトの人も対象になっています。労働者を雇用している事業所はすべて労災保険に加入する義務があり、保険料は事業所が全額を負担することになっています。

建設業など事故を起こす危険性が高いとされる業種ほど、保険料が高く設定されています。給付の種類には診察や治療などの療養の給付(現物支給)・療養費用の給付・休職中の休業補償給付・障害を負ってしまった場合の障害補償給付・残された家族の生活を補償する遺族補償給付・葬祭料の給付などがあります。

また、事業主や役員(兼務を除く)といった経営者には原則適用されません(従業員数によって適用範囲になることもある)。この場合は労災保険の特別加入や、民間の医療保険に加入するといった方法もあります。

なお、傷病手当ては経営者側も対象になります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー