労働者災害補償保険法 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 労働者災害補償保険法

労働者災害補償保険法

ろうどうしゃさいがいほしょうほけんほう

「労災」と呼ばれる保険制度で、労働者が業務中や通勤途中に病気やケガを負った場合に、必要な医療などを受けられることを規定する法律です。

公務員や家族経営などの一部の事業所を除いて、1人でも労働者がいる事業所は加入しなければならない強制保険です。条件を満たす中小企業の事業主なども加入できます。

私的な病気やケガで使う健康保険と違い、労働者本人の保険料負担がなく補償を受けることができます。

労働者災害補償の保険給付は、必要な治療を受けられる「療養補償給付」、休業中の収入源となる「休業補償給付」、治療が長期間に及んだ場合の「傷病補償年金」、障害が残ってしまった場合の「障害補償給付」、労働者本人が亡くなった後の遺族のための「遺族補償給付」など、さまざまな補償があります。

書類手続きが煩雑な面はありますが、労働者の安全を守り事業所の大きな経済的負担を避けるための重要な保険制度です。

労災事故が起きてしまった時には、労働者災害補償保険を使うようにしましょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー