労働協約 - SmartHR ヘルプセンター

労働協約

ろうどうきょうやく

労働組合と使用者(事業主や管理職)との間で結ぶ約束事です。

書面にして労働組合と使用者側の両方が署名することで効力が発生します。労働組合がない事業所では結ぶことはできません。

内容は賃金や労働環境に関することなど、労働基準法などの法律の範囲内で自由に定めることができ、労働基準監督署への提出義務もありません。

労働協約の有効期限は3年間とされていますが、期間を定めずに結ぶこともできます。有効期間を定めていない労働協約で、のちに変更や解約などを行う場合は、90日以上前に相手方に書面で予告をしなくてはなりません。

労働協約の効力が及ぶのは労働組合に加入している人のみというのが原則ですが、組合に加入していない人にとっても有利な事項の場合は適用されることもあります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー