労働基準法 - SmartHR ヘルプセンター

労働基準法

ろうどうきじゅんほう

労働者の安全や生活を守るためにある法律で、昭和22年に制定された歴史の長い法律です。

労働をさせるうえでの最低基準が定められており、労働時間や賃金額などがこの基準を下回っているような労働条件は、契約を交わしてもすべて無効になります。

第1章の総則から始まり、その内容は「労働契約は労使対等であること」「賃金の基準」「労働時間や有給休暇など休息に関すること」「安全衛生管理は使用者の義務であること」「年少者や妊産婦を労働させる条件」「就業規則に関すること」など、全13章で構成されていて、法律を違反した場合の罰則も定められています。

労働基準法は、仕事内容や働き方が多様になってきた時代の流れに合わせて改正が重ねられています。

また、最低賃金法や労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、男女雇用機会均等法など、労働基準に関係する法律はほかにもたくさんあります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー