労働時間 - SmartHR ヘルプセンター

労働時間

ろうどうじかん

労働基準法では、休憩時間を除いた実質労働時間のことを指しています。

午前8時から午後12時まで働き、1時間の休憩の後に午後1時から午後5時まで働くと8時間が労働時間になります。

職場の制服や私服に着替える時間・電話番をしながらの昼食時間・夜勤中の仮眠の時間・交替勤務のための情報伝達の時間などは、労働時間に含まれるのか否かが問題になることが多くあります。

最高裁判所の判断では「使用者から義務付けられたり、その行為をせざるを得ない状況におかれたりした場合は、労働時間に含める」としています。

事業主が通常の労働時間内では終わらないような仕事量を労働者に与えてサービス残業をさせたり、自宅に持ち帰って仕事をせざるを得ない状況をつくった場合でも同様の判断をしています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー