年末調整 - SmartHR ヘルプセンター

年末調整

ねんまつちょうせい

事業主が雇用している労働者が支払った1年間の所得税の過不足を、精算することです。

毎月支払われる賃金からは、扶養家族が増えた・生命保険に加入して保険料を払っている・住宅ローンを払っているなどの労働者個人の事情を考慮することなく、概算の所得税額を天引きする形で事業主側が源泉徴収しています。

労働者が、実際に納めるべき所得税より多く支払われている場合は、年末の賃金(会社によっては1月の賃金)とあわせて税金が還付され、少なく支払われていた場合は追加で徴収されます。

個人事業主などではなく労働者として給料を支払われている人は、年末調整をすることで所得税の納税は完了することがほとんどですが、医療費をたくさん支払った人などは翌年に確定申告をすると、さらに所得税が還付されることがあります。

また、年の途中で事業所を退職した人や1年間の給与収入が2,000万円を超える人・2ヶ所から給与をもらっていて扶養控除申告書を提出していない人・災害に遭い納税の猶予を受けている人などは年末調整をしてもらえないので、自分で確定申告をする必要があります。

SmartHRの年末調整はこちら

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー