休日労働 - SmartHR ヘルプセンター

休日労働

きゅうじつろうどう

労働を免除されている日に働くことを意味しています。労働基準法では「1週間に1日以上、または4週間に4日以上、労働者を休ませなければならない」としています。

このため1日の労働時間が8時間の事業所などでは、週に5日間の勤務をすると、法律で定められている労働時間(週に40時間まで)に達してしまうので週休2日にせざるを得ないのが実情です。

2日間の休日のうち、いずれの日に労働したとしても休日労働として同じ割増賃金を支払っている事業所が多いですが、法律に則ってその割増率を分けることもできます。

例えば1日を法定外休日とすれば割増率は25%となり、もう1日を法定休日とすれば割増率は35%になります。

また、事業所や労働者の承諾のもと休日と労働日を入れ替えた場合は休日労働にはなりません。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー