休日 - SmartHR ヘルプセンター

休日

きゅうじつ

労働基準法では「労働者が労働を免除される日」としています。労働基準法35条では、事業主は1週間に1日以上または4週間に4日以上の休日を労働者に与えなければならないと定めており、その1日とは午前0時から午後12時までの24時間とするのが原則です。

1週間に2日以上の休日を与えることは問題なく、その場合、事業所独自の休日として所定休日や法定外休日と呼ぶこともあります。

休日に関する法律である35条に違反した事業主は罰せられますが、36条による協定を労働者と結ぶことで休日労働をさせることもできます。

この協定は通称「36協定」とも呼ばれ、労働者に休日労働や時間外労働をさせる場合は協定書を管轄の労働基準監督署に届出することが必要です。

36協定があっても割増賃金を支払うことに変わりはありません。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー