管理監督者 - SmartHR ヘルプセンター

管理監督者

かんりかんとくしゃ

労働者を監督または管理する立場にある人のことです。一般的には、部長や工場長・店長などの肩書を持っている人のことを指します。

管理監督者は一般的な労働者とは違い、労働基準法にある労働時間の上限・休憩時間の規定・休日の規定が適用されず、残業しても割増賃金が支払われることもありません。

これは、労働者の勤務時間を管理したり仕事の指示を与えたりする立場にある人が、労働基準法で守られるのは矛盾するという考えからです。

また、役職名がつく立場に昇格しても、それによって残業手当がつかなくなり、結果的に賃金額が少なくなってしまうような状態は「名ばかり管理職」と呼ばれ問題になっています。

労働基準法上の管理監督者として扱われているかどうかは、経営に関わるような権限が与えられているか・賃金やボーナスの額が相応であるかといった実態によって判断されます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー