過重労働対策 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 過重労働対策

過重労働対策

かじゅうろうどうたいさく

「過重労働対策」とは、労働者に過重な勤務をさせず、元気で長く働いてもらい事業所の発展につなげることを目的とした対策です。

厚生労働省が「過重労働による健康障害を防止するための総合対策について」などの通達を出したうえで、事業主や労務管理担当者向けの対策セミナーを無料で開催しています。

月に80時間超えの時間外労働をしているなどの明確にしやすい原因もありますが、例えば精神的な負担がかかる業務についている、交替勤務や深夜労働で生活リズムが乱れやすい、常に騒音の中で作業をしているなど、定められた時間内でも過重労働になりやすい原因はたくさんあり、この場合も事業者は労働者に対し面接や指導などの対策を講じることが必要になります。

労働者個人の耐性もそれぞれ違うので対応が難しい面もありますが、法律で定められている最低基準は守るようにしましょう。

【参考】
※ 平成29年度厚生労働省委託事業過重労働解消のためのセミナー – 過重労働解消のためのセミナー運営事務局

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー