解雇予告 - SmartHR ヘルプセンター

解雇予告

かいこよこく

事業主側から労働者側に対して「あなたを解雇します」と予告することです。

仕事を失う労働者の損害を軽減するために設けられた制度で、労働者を解雇する場合には30日前までに予告をしなければならないと法律で定められています。

解雇を言い渡すと同時に退職させたい場合には、30日分の賃金を解雇予告手当として労働者に対して支払わなければなりません。

天災事変などやむを得ない理由がある場合や、事業所の資産の横領など労働者側に解雇される理由がある場合は、手当てを支払わずに即日解雇できるとされています。

労働基準法では、1ヶ月未満の日雇い契約の労働者、2ヶ月や4ヶ月などの期間限定で雇用される労働者、14日以内の試用期間中の労働者に対しては、解雇予告をしなくても良いとされています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー