辞職 - SmartHR ヘルプセンター

辞職

じしょく

自分の意思で仕事を辞めることですが、定年退職など一定の条件に該当した場合にも使われます。

自分の意思とは関係ない理由で仕事を辞める場合は「退職」という言葉を使いますが、「辞職」はあくまでも自分の意思で辞める場合にのみ使われます。

また、事業所内の立場によって言葉を使い分けることもあります。一般的には課長以上の役職についている人が仕事を辞める場合は「辞職」という表現を使い、仕事を辞める届出は「辞表」です。

役職についていない人が仕事を辞める場合は「退職」を使い、「退職届」で意思表示をします。

再就職などで履歴書の職歴を書く際は、勤務先を辞めた事実を総合的に表す「退社」という言葉を使うと良いでしょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー