時季指定権 - SmartHR ヘルプセンター

時季指定権

じきしていけん

8割以上の出勤率を6ヶ月継続した労働者には有給休暇が与えられることが法律で保障されていますが、時季指定権は、この有給休暇を取得する期間を具体的に指定する労働者の権利のことです。

事業主や労働者を管理する側は、有給休暇の取得日の変更を打診すること(時季変更権)はできますが、強制力はありません。

就業規則などに有給休暇を申請するまでの日数が指定されていて、その期限を守っているのであれば管理者側の時季変更権は認められないことが多いです。

有給休暇取得日の申請は事前に行うとされていますが、自分や家族の突然の病気などであれば事後申請でも良いとしている事業所も多いようです。

とはいえ有給休暇を取得する時期は、なるべく事前に申請し上司や同僚と業務に支障が出ないように相談するなどの配慮はあった方がよいかもしれません。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー