時間外労働 - SmartHR ヘルプセンター

時間外労働

じかんがいろうどう

労働基準法で定められている時間数を超えて労働することです。労働基準法では、1日8時間・週に40時間という条件のいずれかを超えた場合には時間外労働になるとしています。

たとえば労働者が1時間早退した翌日、残業を命じられて労働時間が8時間を超えた場合は、事業主は超えた分に対して25%の割増賃金を支払う必要があります。

1週間の労働時間数の合計が40時間を超えなければ良いというわけではないので注意しましょう。

本来の労働時間が短く、残業しても8時間を超えない場合は通常の賃金を支払えば良いことになります。

また、時間外労働をさせる可能性がある事業所では、労働基準法36条に基づく協定書を作成して所轄の労働基準監督署に届けておく必要があります。これは通称36協定とも呼ばれ、事業主と労働者の間で時間外労働に関する協定を交わしたことを証明する届出です。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー