育児時間 - SmartHR ヘルプセンター

育児時間

いくじじかん

1歳に満たない子どもを育てながら勤務する女性が、1回につき少なくとも30分間・1日2回まで請求できる育児のための時間です。

育児休業とは違い、男性労働者には行使できません。1日の労働時間が4時間以下の女性労働者の場合は、1日に1回30分間の育児時間を請求することが労働基準法で定められており、さらに昼休みなどの通常の休憩時間とは別に請求することが認められています。

また、必ずしも2回に分けて請求しなければならないものではなく、例えば勤務開始後の1時間を使って保育園への送り時間を確保したり、勤務終了前の1時間を使って子どもを早めに迎えに行ったりなど、育児時間をまとめて請求することもできます。

育児時間中の賃金は有給でも無給でも良いとされています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー