法定労働時間 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 法定労働時間

法定労働時間

ほうていろうどうじかん

労働基準法で定められている原則の労働時間数で、1日に8時間、1週間で40時間とされています。

法定労働時間を超えて労働者に残業させた場合は、事業主が25%割増の賃金を支払う決まりになっています。

混同されやすい言葉で「所定労働時間」というものがありますが、これは事業所の就業規則で定められている独自の労働時間です。

たとえば午前9時から午後5時までの勤務(休憩1時間)が就業規則で定められている場合、所定労働時間は7時間です。

もしその事業所で午後5時から午後6時まで残業した場合でも、法定労働時間である8時間を超えていないので、事業主は割増ではない通常の賃金を支払えば良いことになります。

しかし、就業規則で「所定労働時間を超えて労働させた場合は割増賃金を支払う」としている場合は、たとえ8時間以内であっても就業規則が優先されます。

トラブルを避けるためにも「法定労働時間」と「所定労働時間」の違いを、事業主も労働者も明確にしておきましょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー