秘密保持誓約 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 秘密保持誓約

秘密保持誓約

ひみつほじせいやく

秘密保持誓約とは、「仕事上で知りえた情報は絶対に漏らさない」と労働者に誓約させることです。

その内容を書面にしたものが「秘密保持誓約書」で、労働者と雇用契約を結ぶときや解除するときに提出を求めることが多くなっています。誓約書には、労働者の署名・押印と誓約した日付を必ず記入させることが重要です。

開発した技術や顧客情報の漏えいなどが問題になることが多くなったため、秘密保持誓約は事業所の規模にかかわらず重要視されるようになっています。

秘密保持誓約書自体に法的な効力はありませんが、裁判になった場合には有力な証拠になることがあります。

事業所のルールである就業規則に秘密保持誓約書の提出が必要なことを明記しておけば、提出をめぐって労働者とトラブルになることを避けられるでしょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー