平均賃金 - SmartHR ヘルプセンター

平均賃金

へいきんちんぎん

「平均賃金」とは、労働者が受給できる手当てなどの算定基準となる金額のことで、給料の相場という意味ではありません。手当などをもらう理由ができた日以前の3ヶ月間で支払われた賃金の合計額を、その3ヶ月間の日数で割ると日額の平均賃金が計算できます。

ただし日給制や時給制の場合、その月によって賃金が減少する可能性があるため、合計額を労働日数で割った6割に当たる額が高い場合はその額を適用されます(最低保障)。

平均賃金は、労働者を解雇するときの解雇予告手当(平均賃金の30日分)や、仕事がないなど事業所都合で休業する場合の休業手当(平均賃金の6割以上)、有給休暇を取ったときに平均賃金で支払う場合の賃金(平均賃金×日数)などを算出するときに行われます。

労災事故で休業する場合の休業補償給付や遺族補償給付の額も、平均賃金額を基準として決まります。

遅刻などに対する制裁として減給処分をすることがありますが、減給をする場合は最高でも1回につき平均賃金の半分までと決められています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー