合意解約 - SmartHR ヘルプセンター

合意解約

ごういかいやく

労働者から事業主に退職を願い出て事業主が合意する、または事業主から労働者に退職するように願い出て労働者が合意して労働契約を解約することです。

労働者が退職する日を指定して「退職届」を提出した場合には、労働契約の解約を撤回することはできません。

しかし、「退職願」を直属の上司に提出した後で事業主が合意する前であれば、解約の撤回を労働者が申し出ることができるとされています。

退職願には事業主の合意が必要といっても、労働者が解約を願い出てから14日を経過すると契約終了=合意解約となると民法で規定されています。

例外として、年俸制など6ヶ月以上の期間の契約で賃金額を決めている場合には、3ヶ月以上前に労働契約の解約の申し入れをしないと合意解約できないことがあります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー