源泉徴収 - SmartHR ヘルプセンター

源泉徴収

げんせんちょうしゅう

労働者の毎月の賃金から、事業主が所得税を天引きして国に納税する仕組みのことを指しています。

労働者が毎月もらう給与明細書の「所得税」の欄に記載されている金額が源泉徴収された金額です。

納税義務者である事業主は、労働者から源泉徴収した所得税を翌月10日までに国に納税するのが原則です。

一般的な労働者の所得税額は、社会保険料や通勤手当などを差引いた金額と扶養している人数などを指標として「源泉徴収税額表」に当てはめて計算されます。

毎月の所得税額は労働者の収入を予測して支払う仮の金額で、年末に労働者個人がその年に支払った生命保険料額や住宅ローン額などを控除して精算されます。

この仕組みが「年末調整」で、源泉徴収で払い過ぎた所得税が戻ってくるケースが多いです。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー