不利益変更 - SmartHR ヘルプセンター

不利益変更

ふりえきへんこう

「不利益変更」とは、事業所のルールである就業規則を労働者にとって不利益な内容に変更することです。

就業規則を変更する場合には、事業主が労働者の意見を聞き、なおかつ労働基準法の規定を下回るものでなければ同意なく変更できることになっていますが、あまりに一方的な不利益変更は認められないという裁判例が多く出ています。

特に賃金額を大幅に減額する・退職金制度をなくすなど賃金に関する不利益変更は、人件費を削減して事業経営を続けたい事業主側と賃金を減らされたくない労働者の間でトラブルになりやすい点です。

不利益変更が合理的であると認められるためには、労働者が被る不利益の程度・事業主側が変更を必要とする程度・不利益変更に至るまでの経営改善の努力があったかなど総合的な判断が必要とされています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー