同一労働・同一賃金 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 同一労働・同一賃金

同一労働・同一賃金

どういつろうどうどういつちんぎん

「同一労働・同一賃金」とは、同じ内容の仕事をして同じ責任を負っている場合には、正規職員か非正規職員かにかかわらず同じ賃金をもらうべきという考え方です。

非正規職員として働く人にも、意欲を持って働いてもらうことを目的としています。2016年12月20日に政府が公表した「同一労働同一賃金ガイドライン案」では、基本給・手当・ボーナスなどの具体的な賃金の名称を挙げて、正規職員と非正規職員の待遇に差をつける場合は、事業主側がどのような対応をすべきかが示されています。

たとえば、正規職員には業務内容や事業所への貢献度などに関係なく全員にボーナスを支給しているのに対し、パートタイム労働者などの非正規職員には一切支給していない場合は、非正規職員にも貢献度などに応じたボーナスを支給するべきといった内容も明記されています。

2019年度からの運用開始が目標とされていますが、非正規職員を多く雇用している事業所などでは負担が一気に増大することになるので、十分に時間をかける必要があるといわれています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー