懲戒処分 - SmartHR ヘルプセンター

懲戒処分

ちょうかいしょぶん

「懲戒処分」とは、企業内の秩序を守ることを目的として、問題行動を起こした労働者に科せられる罰のことです。

  • 問題行動を起こさないように厳しく叱る「戒告」や「けん責」
  • 上限額を決めて賃金を減らす「減給」
  • 一定期間出勤させず、その間の賃金を減らす「出勤停止」
  • 部長から課長へと職位を低くするなどの「降格」
  • 自分から退職を願い出るように勧告する「諭旨退職」
  • 労働基準監督署の認定を受けて手当の支給なく即日解雇できる「懲戒解雇」

の順で重い罰になっています。

なお、減給については上限があり、1ヶ月の減給額は最高でも10%までとされています。

事業主側が自由に懲戒処分できるわけではなく、就業規則に懲戒処分になる理由や手段について明記し、それに則して行わなければならないと労働基準法で定められています。

懲戒処分を科される理由には、事業所のお金の横領・繰り返し行われ注意しても改善しない無断欠勤や遅刻・重大な経歴詐称・企業機密の漏えいなどが挙げられます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー