長時間労働 - SmartHR ヘルプセンター

長時間労働

ちょうじかんろうどう

労働基準法で定められている時間数を超えて労働している状態のことです。労働基準法32条では「使用者は、労働者を週に40時間、1日に8時間を超えて労働させてはならない」としています。

時間外労働については、36協定を結べば、例えば1週間で15時間まで・1ヶ月で45時間まで・1年間で360時間までを限度として認められています。

この協定が締結されたうえで残業を行い、タイムカードなどで労働時間が管理されているように見えても、実際は無報酬のサービス残業をしている労働者は少なくありません。

睡眠時間などプライベートな時間が極端に少なくなってしまうと、労働者の心身の負担が増し作業効率も低下する可能性があります。

使用者も労働者も、長時間労働が続く状態は早期に改善する必要があります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー