障害者雇用 - SmartHR ヘルプセンター

障害者雇用

しょうがいしゃこよう

身体や精神になんらかの障害がある人を雇用することです。

障害者総合支援法などが整備され、障害があっても地域で働きながら生活していこうという人が増えてきています。

特に規模の大きい事業所で、知的障害のある人や精神障害のある人を雇用する動きが活発になっています。

さらに車椅子で移動しやすいフロアー作りをするなど、身体障害のある人にも働きやすい環境が整えられつつあります。

障害のある人は一度にたくさんの仕事をしたり、ほかの社員と円滑なコミュニケーションをとったりするのが苦手な場合がありますが、そのような特性を社員に伝え柔軟な対応をとっている事業所や、障害者の支援をする職場適応援助者(ジョブコーチ)を事業所に派遣してもらい、職場定着を図っている事業所もあります。

厚生労働省では、障害者を雇用する事業所に助成金を、障害者本人には職業訓練などの支援策を用意しています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー