身元保証書 - SmartHR ヘルプセンター

身元保証書

みもとほしょうしょ

労働者が雇用契約を結ぶときに、事業主から提出を求められることがある書類で、労働者の身元や人間性を身内などの第三者が保証するものです。採用後、労働者が事業主側に損害を与えた場合には、損害賠償をすることなども明示されています。

高額な金品を扱う仕事など信用性が重要となる事業所では、身元保証書の提出が採用条件の一つにされていることもあります。保証の有効期限は原則3年間、最長でも5年間です。5年が経過した後でも、身元保証契約が必要とされる事業所ではあらためて契約します。

労働者に問題があり保証人に損害賠償請求をする可能性があるときや、労働者の責任が大きく補償額が予想以上に膨らみそうなときは、事前に事業主側から身元保証人に連絡することになっています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー