雇用契約書 - SmartHR ヘルプセンター

雇用契約書

こようけいやくしょ

労働者を雇用する時に、事業主と労働者の間で交わす契約書です。

2部作成し署名・押印したあと、雇用者と労働者がそれぞれ保管するのが一般的です。

雇用契約書を交わすことは法律では定められていませんが、雇用条件について書面で明示しなければならない事項もあるので、作成している事業所が多く見られます。

雇用条件の明示には事業者が労働条件通知書などで一方的に伝える方法もありますが、就業してから雇用条件と実際の雇用状況が違うなどのトラブルを避けるためにも、雇用契約書のほうが望ましいといえるでしょう。

雇用条件として書面で明示しなければならない事項は、労働契約期間に関すること・就業場所や業務内容・勤務時間や残業の有無に関すること・休憩や休日休暇に関すること・交替勤務に関すること・締切日や計算方法など賃金に関すること・退職に関することです。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー