雇用条件 - SmartHR ヘルプセンター

雇用条件

こようじょうけん

労働者を雇用する時は、雇用条件について明確にしておかなければならないと労働基準法で決められています。

その中でも書面で示す必要があるのは、労働契約の期間・就業する場所と業務の内容・始業や就業の時刻・残業の有無・休憩時間や休日・休暇に関すること・交替勤務に関すること・基本給や賃金計算・給料日に関すること・退職に関することとなっています。

口頭での説明でも良いとされているのは、昇給に関すること・退職手当に関すること・賞与などに関すること・労働者本人に負担してもらう食事代などに関すること・安全衛生に関すること・職業訓練に関すること・災害補償や業務外の傷病扶助に関すること・表彰や制裁に関すること・休職に関することです。

パート勤務など短時間労働の契約をする場合は、賃金昇給の有無・退職手当の有無・ボーナスの有無も書面で明確に示す必要があります。

雇用条件を明示しない事業主に対しては罰金刑が科せられます。

また、明示された雇用条件が事実と違う場合は、労働者は雇用契約を解除できることになっています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー