男女雇用機会均等法 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 雇用 > 男女雇用機会均等法

男女雇用機会均等法

だんじょこようきかいきんとうほう

「男女雇用機会均等法」とは、1985年に制定された法律で、正式名称は「雇用の分野における男女の均等な機会及び接遇の確保等に関する法律」です。

「均等法」という略称で呼ばれることもあり、募集や採用・配置や昇進・福利厚生・退職や解雇などについて、女性であることを理由に事業主側が男性労働者と差別して扱うことを禁止するものです。

時代に合わせて数回の法改正を重ね、これまでにも妊娠や出産を理由として女性労働者に退職を強要するような不利益な扱いの禁止、女性のみならず男性へのセクシャル・ハラスメント防止対策を事業所に義務付けるなどの改正が加えられてきました。

労働人口が減っている状況をふまえ、性別にかかわらず育児休業介護休業を取得しながら仕事を続ける労働者への配慮も事業主に求められるようになってきています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー