メールが届かない場合の原因は? - SmartHR ヘルプセンター

メールが届かない場合の原因は?

SmartHR から送信した通知について、 SmartHR 側で通知メールが届かなかったことが確認できた場合、 [共通設定] > [メールアドレスアカウント][一覧] でメールアドレスの隣に次のアイコンが表示されます。

[!] アイコン にカーソルを合わせると、メールが届かなかった理由が表示されます。

メール不達理由が表示されます

エラー原因(4つ)の意味について

バウンス

バウンスは、送信したメールが受信側メールサーバに拒否されたときに発生するステータスとなります。
よくある発生原因としては、メールアドレスのスペルミス、存在しないメールアドレス、宛先メールボックスが一杯になっている、といったものが挙げられます。

一度バウンス状態になってしまった場合は、配信システム上で解除する必要があるため、チャットにて当該メールアドレスをお知らせください。

スパムレポート

スパムレポートは、メールの受信者があなたからのメールを迷惑メール報告し、
そのことを受信者側メールサーバが SmartHR のメールサーバにフィードバックしたときに発生するステータスとなります。

ブロック

ブロックは、メールが受信側メールサーバに拒否されたときに発生するステータスとなります。
これはメッセージ自体に起因する拒否であり、宛先メールアドレスは問題ありません。
例えば、送信元IPアドレスがブラックリストやブロックリストに登録されていたり、メールコンテンツが受信側メールサーバによってフィルタリングされたことによって発生することがあります。

一度ブロック状態になってしまった場合は、配信システム上で解除する必要があるため、チャットにて当該メールアドレスをお知らせください。

無効なメール

無効なメールは、メールの標準フォーマットに則していないメールアドレスや、受信側のメールサーバが存在しないメールアドレスにメールを送信した場合に発生するステータスとなります。
“@” がない、特定の記号やスペースが含まれている、といったメールアドレスもこれに含まれます。
SmartHR のメールサーバだけでなく受信側メールサーバが無効だと判断する場合もあります。

メールアドレスアカウントの一覧をCSVでダウンロードした場合

CSVファイルには、エラー番号と理由が出力されます。

  • エラー1 = バウンス
  • エラー2 = スパムレポート
  • エラー3 = ブロック
  • エラー4 = 無効なメール

【CSVダウンロード結果の例】
ユーザー一覧CSV

導入企業数6,000社を突破!

詳しい情報を見る

カテゴリー