ExcelでCSVファイルが正しく読み込まれないのを回避したい(社員番号の0落ちなど) - SmartHR ヘルプセンター

ExcelでCSVファイルが正しく読み込まれないのを回避したい(社員番号の0落ちなど)

SmartHR でエクスポートした CSV をExcelで開いた際に「0」が消えてしまう場合や数値が日付として表示される場合があると思います。

先頭「0」が消えてしまう事象は「整数ではない数列は最初の0が消えてしまう」という Excel の仕様が原因で起きてしまいます。
以下に回避方法をまとめましたのでご参考ください。

Windows版 Excel 2016の場合

  1. 新しいスプレッドシートを用意し、メニュー「データ」→「テキストファイル」をクリック
    5d6620e5-a7fa-9a66-aac4-c6cf7e9eb161
  2. ファイル選択ウィンドウが表示されるので、読み込むCSVファイルをクリックし、[インポート] をクリック
  3. テキスト ファイル ウィザードの内容を確認し、「先頭行をデータの見出しとして使用する」を選択し [次へ] をクリック
    433dd02f-d943-2887-d666-9b2c961eb9a6
  4. 「タブ」「カンマ」区切り文字を選択し、[次へ] をクリック
    3cd152e1-01bf-bdc3-75a2-9b06a0c7debb
  5. 「0」を消したくないカラムに対してデータ形式「文字列」を選択し、[完了] をクリック
    216ff42c-00ff-a539-9574-0c2eb1f778fb
  6. 取り込んだデータを配置する場所を指定し、[OK] をクリックすると、データが取り込めます。
    4b23d02c-66f5-2e69-2748-ae2a2588b925

Excel for Macの場合

  1. 空のブックを新規作成し、メニュー項目「ファイル」→「インポート」を選択
  2. インポートウィンドウが表示されるので、「CSVファイル」を選択し [インポート] をクリック
    スクリーンショット 2016-02-02 19.16.20
  3. テキスト ファイル ウィザードの内容を確認し、「区切り記号付き」を選択し [次へ >] をクリック
    スクリーンショット 2016-02-02 19.19.28
  4. 「タブ」「カンマ」区切り文字を選択し、し [次へ >] をクリック
    スクリーンショット 2016-02-02 19.24.59
  5. 「0」を消したくないカラムに対してデータ形式「文字列」を選択し、[完了] をクリック
    スクリーンショット 2016-02-02 19.25.21
  6. 取り込んだデータを配置する場所を指定し、[OK] をクリックすると、データが取り込めます。
    スクリーンショット 2016-02-02 19.27.47

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る