年度更新電子申請時の電子納付について - SmartHR ヘルプセンター

年度更新電子申請時の電子納付について

労働保険の年度更新手続きでは、電子申請後、インターネットバンキングを通じて保険料を電子納付することができます。

電子納付 3 つの方法

電子申請による年度更新申告手続を行った後には、以下の 3 通りの方法により、
電子納付をおこなうことができます。

  • A. 電子申請による年度更新申告手続きと同時に電子納付を行う
  • B. 電子申請による年度更新申告手続き後、後日電子納付を行う
  • C. 電子申請による年度更新申告手続き後、後日ATMにより電子納付を行う

A. 電子申請による年度更新申告手続きと同時に電子納付を行う

  1. ポップアップブロックを解除します
    ポップアップブロック解除
    ブラウザによってはポップアップブロックの解除が必要です。api.e-gov.go.jp をポップアップブロックの例外として設定してください。
    ※ ポップアップブロックの例外に設定する方法は Tips をご参考ください。
  2. 電子申請一覧の詳細をクリックしてください。
  3. 申請データの送信後、数分〜数時間すると [電子申請]ページ において [電子納付する]ボタン が表示されます。
    このボタンをクリックし、画面の案内に従って操作すると、インターネットバンキングを利用して電子納付を行うことが可能です。

基本的に「B. 電子申請による年度更新申告手続き後、後日電子納付を行う」の方法と変わりはありませんが、画面遷移先のインターネットバンキングに納付情報が送信されるため、電子納付を行う際に「収納機関番号」「納付番号」等の入力を省略することができ、便利です。

注意点

※電子納付するのボタンを押したら 30 分以内に電子納付を行ってください。時間を経過しますと、この方法による電子納付はできなくなります。

同時に電子納付を行う場合の流れ(JNB の場合)

  1. ポップアップブロックを解除します
    ポップアップブロック解除
    ブラウザによってはポップアップブロックの解除が必要です。
    api.e-gov.go.jp をポップアップブロックの例外として設定してください。
    ※ ポップアップブロックの例外に設定する方法は Tips をご参考ください。
  2. 電子納付を開始します

    対象の手続きから [電子納付する]ボタン をクリックします。
  3. 金融機関を選択します
    ご利用中の Pay-easy に対応した金融機関を選択し [電子納付する]ボタン をクリックします。
    金融機関選択
  4. 金融機関にログインします
    ログイン画面
  5. 金額を確認し、払込を行います
    確認画面
  6. 完了
    完了画面にて受付番号を控えます。
    完了画面

TIPS


ポップアップブロックの例外に設定する方法

Chorme の設定

  • 右上の「︙」 > 設定 をクリックします
  • 一番下の [詳細設定を表示…] をクリックします
  • プライバシー > [コンテンツの設定…]ボタン をクリックします
  • ポップアップ > [例外の管理…]ボタン をクリックします
  • ホスト名のパターンに [api.e-gov.go.jp] を入力して、動作では [許可] を選択します

Internet Explorer の設定

  • 右上の歯車マーク > インターネットオプション をクリックします
  • [プライバシー]タブ をクリックします
  • ポップアップブロック > [設定]ボタンをクリックします
  • 許可する Web サイトのアドレスに [api.e-gov.go.jp] を入力し [追加]ボタン をクリックします

Firefox の設定

Mozilla Support
をご参照くださいませ

B. 電子申請による年度更新申告手続き後、後日電子納付を行う

スクリーンショット_2016_06_22_21_08

申請データの送信後、後日に各金融機関のPay-easy(ペイジー)に対応したインターネットバンキングを利用して、電子納付を行うことが可能です。
この場合申請データの送信後の申請データの「収納機関番号」、「納付番号」及び「納付確認番号」が必要となります。
「電子申請」詳細画面を予め印刷しておくと便利です。(画面上部の [電子申請]メニュー[虫眼鏡] から移動できます。)

後日電子納付を行う場合の流れ(三菱東京 UFJ の場合)

  1. Pay-easy の入力画面へ移動します
    三菱東京UFJダイレクトの「税金・各種料金払い込み(Pay-easy:ペイジー)」 | 三菱東京UFJ銀行 より、Pay-easy の入力画面へ移動します。
  2. 収納機関番号を入力します
    SS 2016-06-24 12.33.25
  3. 納付番号・確認番号を入力します
    mod-SS_2016-06-24_12_33_42
  4. 金額を確認し、振込を行います
    mod-SS_2016-06-24_12_33_57

C. 電子申請による年度更新申告手続き後、後日ATMにより電子納付を行う

申請データの送信後、後日に各金融機関のPay-easy(ペイジー)に対応したATMを利用して、電子納付を行うことが可能です。
この場合、申請データの送信後の申請データの「収納機関番号」、「納付番号」及び「納付確認番号」が必要となります。
「電子申請」詳細画面を予め印刷しておくと便利です。(画面上部の [電子申請]メニュー[虫眼鏡] から移動できます。)

注意点

  • 電子納付後、SmartHR 上での納付ステータスの反映にはお時間がかかる場合がございます。ご留意ください
  • 納付が完了すると [電子納付する]ボタン が消え [納付済み] と表示されるようになります納付済み
  • 電子納付以外の方法で納付を行った場合には、納付ステータスが変更されません
  • インターネットバンキングまたは ATM を利用して電子納付を行う場合は、ご利用の金融機関が Pay-easy(ペイジー)に対応していることが必要です
  • 対応金融機関は Pay-easy(ペイジー)ホームページ http://www.pay-easy.jp/where/index.html を参照してください
  • 労働保険料を電子納付した場合、厚生労働省から領収証書を発行することはありませんので、ご留意ください

よくある質問

e-Gov の電子納付ページへリンクしています。

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る