「電子申請に失敗しました」や「アクセス許可できません」とエラーになる場合 - SmartHR ヘルプセンター

「電子申請に失敗しました」や「アクセス許可できません」とエラーになる場合

電子申請の実行際に「電子申請に失敗しました」と表示され電子申請の実行ができない場合や、申請済みの電子申請に下図のようなメッセージが表示されエラーとなってしまっている場合、以下の理由が考えられます。

電子申請 電子証明書に関わるエラー

入力したPIN(パスワード)に誤りがある

電子申請の実行時にご入力いただいた PIN が、登録されている電子証明書のものとは異なる可能性があります。

ご対応頂きたいこと

正しい PIN をご入力下さい。
コピーアンドペーストをされている場合は、スペースなどが含まれている可能性がございますので、ご注意下さい。

e-Gov へのセッションが一時的に切れた

SmartHR と e-Gov との連携の仕組み上、一時的にセッションが切れてしまうことがあります。

ご対応頂きたいこと

10分ほど時間をおいてから再度お試し下さい。

電子証明書の有効期間が切れている

新規の申請だけでなく、申請中のステータス確認にも「有効」な電子証明書が必要です。
電子証明書の有効期限は、 画面右上のアカウント名 > [共通設定] > [電子申請] > 任意の申請者情報 > [電子証明書] にてご確認頂けます。

電子証明書有効期限の確認

ご対応頂きたいこと

有効な電子証明書をご用意いただき、SmartHR に登録下さい。
登録手順は こちら のページをご参考下さい。

社名・所在地・代表者情報などに変更があった

電子証明書が有効期限内であっても、電子証明書に記録された情報(社名・所在地・代表者情報など)の変更に関する登記がされた場合、その電子証明書は失効してしまいます。

詳しくは、こちらをご参考下さい。
法務省 よくあるご質問・ご照会 【Q17】証明期間中であっても電子証明書が失効することがあると聞きましたが,どのような場合ですか?

※ 登記変更を申請された時点で、古い情報が記録された電子証明書は利用出来なくなりますのでご留意下さい。

ご対応頂きたいこと

登記完了後、電子証明書を取得し、SmartHR にご登録下さい。
登録手順は こちら のページをご参考下さい。

注意点


新しく電子証明書を取得する必要がある場合、取得までにお時間がかかることが予想されます。お急ぎの場合は、紙での申請もご検討下さい。

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る