電子証明書の取得手順 - ページ 2 / 4 - SmartHR ヘルプセンター

電子証明書の取得手順

Step1 発行申請ファイルの作成

電子証明書を取得するには 発行申請ファイル を作成する必要があります。

発行申請ファイルは、会社や代表者の情報及び電子証明書取得時に必要となるパスワードなどを登録するファイルです。

※ 登記されている内容で作成する必要があります。登記事項証明書 をお手元にご用意されることをオススメします。

発行申請ファイルは法務省より提供されている専用のソフトウェア ( 商業登記電子認証ソフト ) で作成します。

注意点

2017年6月現在、商業登記電子認証ソフトは Windows 対応版のみの提供となっております。
Windows PC のご用意が難しい場合は、民間の認証局 にて電子証明書の取得をお願いいたします。

1. ソフトをダウンロードしましょう!

商業登記電子認証ソフトを こちら のページよりダウンロードします。
動作環境等も記載されていますので、合わせてご確認下さい。

TIPS

「商業登記電子認証ソフト」の動作環境、インストール方法、操作方法等に関するお問い合わせは、こちらまでお願いします。

登記・供託オンライン申請システム操作サポートデスク

電話番号:050-3786-5797(050ビジネスダイヤル)
※ 障害等により上記番号を利用できない場合: 050-3822-2811又は2812

受付時間:月曜日から金曜日まで 8時30分 から19時00分まで(国民の祝日・休日,12月29日から1月3日までの年末年始を除く。)

または、こちら のページの一番下「専用ソフトウェアに関するお問い合わせ」をご確認下さい。

2. 申請ファイルを作成しましょう!

  1. ソフトを起動します。
    商業登記電子認証ソフトの起動
  2. [鍵ペアファイル及び証明書発行申請ファイル作成] をクリックします。
    鍵ペアファイル及び証明書発行申請ファイル作成をクリック
  3. 各項目に情報を入力します。入力が終わったら、[鍵ペアファイル及び証明書発行申請ファイル作成実行] をクリックします。
    ※ 入力フィールドをクリックすると、各項目のヒントが表示されます。
    発行申請ファイル 情報入力
    以下に注意点をまとめましたのでご参考下さい。

    項目名 注意点
    商号又は名称 登記されているとおりに入力してください(全角128文字以内)
    本店又は主たる事務所 登記されている住所を登記のとおりに入力してください(全角128文字以内)
    印鑑提出者の氏名 印鑑届出をされている方の氏名を登記されているとおりに入力してください(全角126文字以内)
    印鑑提出者の資格 登記されてとおりに入力または次の中から選択してください(代表取締役・支配人・社員・代表執行役・代表社員・代表理事・取締役・日本における代表者・理事・理事長)
    電子証明書の有効期間(証明期間) 3ヶ月〜27ヶ月まで(3ヶ月ごと)の期間で選択が出来ます。期間によって手数料が異なります。手数料は こちら で確認できます。
    電子証明書の鍵長 2,048 ビットのみの為、選択の必要はありません
    鍵ペアファイルパスワード 後ほど電子証明書を取得する際に必要なパスワードを予めここで設定しておきます。忘れないようにご注意ください。(半角英数字8文字~30文字以/英数字混在必須)
    電子証明書の使用休止届出用暗証コード 電子証明書の使用を休止する際に必要なコードを予めここで設定しておきます。忘れないようにご注意ください。(半角英数字8文字~30文字以/英数字混在必須)
    証明書発行申請ファイルの格納先 これから生成される証明書発行申請ファイルの保存先を指定します。迷った時は、デスクトップに「電子証明書」というフォルダを作成し、そのフォルダを指定しましょう。
    鍵ペアファイル及び発行申請書・委任状ファイルの格納先 これから生成される2つのファイルの保存先を指定します。迷った時は、証明書発行申請ファイルと同じフォルダを指定しましょう。(デスクトップに「電子証明書」というフォルダを作成し、そのフォルダを指定)
  4. [鍵ペアファイル及び証明書発行申請ファイル作成結果] が表示されます。
    以下のファイル及び保管場所を確認します。
    ファイル及び保管場所の確認
    a 鍵ペアファイル・・・審査終了後、電子証明書を取得する際に必要なファイルです。
    b 証明書発行申請ファイル・・・法務局へ提出するファイルです。
    c 発行申請書・委任状ファイル・・・法務局へ提出する書類 ( PDF ) です。

3. 法務局へ行く準備をしましょう!

  1. 前項2 - ④ – b の場所に保存された [証明書発行申請ファイル] を USB メモリや CD 等に保存します。ファイル名は自動的に SHINSEI となります。
  2. 前項2 - ④ – c の場所に保存された [発行申請書・委任状] を印刷し、必要な箇所に記入・捺印をします。

[証明書発行申請ファイル][発行申請書・委任状]印鑑カード印紙代 を持って管轄の法務局へ電子証明書の取得申請をしに行きます。

法務局へ持って行くもの

TIPS

発行申請ファイルや申請書に誤りがあると、せっかく法務局へ足を運んでも差し戻しとなってしまいます。内容をよく確認しましょう!

注意点

[証明書発行申請ファイル]に有効期限はありませんが、「商業登記電子認証ソフト」のバージョンがかわると処理出来ない場合がありますのでご留意ください。

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る