お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

イベント・セミナー

働く人の多様性を実現する、労務管理におけるSmartHRのアクセシビリティとは?(5月19日)


本セミナーは終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

開催概要

 視覚障害のある方が新しい会社で働き始めるとき、最初にぶつかる問題が「入社手続き」です。一般的に、入社手続きは紙に書かれた文字を読んで理解した上で必要事項を記入しなければならず、視覚に障害のある従業員にとって大きな問題になっていました。人事労務担当者も、紙に書かれた必要事項を読み上げたり、入社する従業員から口頭で伝えられた内容を間違いないように代筆したりと、その負担は決して小さなものではありませんでした。

SmartHRでは多くの機能がスクリーン・リーダーという音声読み上げソフトを介して利用できるため、人事担当者、視覚障害がある従業員の双方にとって大きなメリットがあります。このセミナーでは、視覚障害のある方がどのようにSmartHR上で入社手続きを行うのか、実際にデモンストレーションを行うとともに、SmartHRの基本機能をご紹介します。

このような方におすすめ

  • 視覚障害のある方を含む多くの従業員が簡単に利用できる労務管理システムをお探しの方
  • SmartHRのアクセシビリティについて情報収集したい方

セミナー概要

・開催日時:2022年5月19日(木)15:00-16:00
※申込締切:5月17日(火)18:00まで


・参加方法:Zoom(インストール・ご利用ともに無料です。)

お申込完了後、インストール方法などを記載した資料をメールにてお送りしますので、ご確認ください。


・参加費用:無料


・対象者:人事・労務担当者、経営者、経営企画、など


主催株式会社SmartHR

タイムテーブル


第一部:講演

SmartHRの入社手続きとは

SmartHRでおこなえる入社関連手続きの中でも、下記2点について概要を解説。

①文書配布機能:文書を効率的に配付し、雇用契約書や誓約書といった文書における合意の締結をおこなう機能
②入社手続き機能:基礎年金番号や、雇用保険被保険者番号など入社に必要な情報を収集する機能


第二部:講演

スクリーンリーダーとは

視覚障害者の方には欠かせない「スクリーンリーダー」という音声読み上げソフトウェアについて、基本的な機能や種類について紹介


第三部:デモンストレーション

視覚障害者による実際のSmartHR機能を利用した入社手続き

株式会社SmartHR
プログレッシブデザイングループ
アクセシビリティエンジニア 辻 勝利

先天性の全盲で仕事や日常生活のあらゆる場面でスクリーン・リーダーを介してコンピューターを利用しているエンジニア。
約20年間のWebアクセシビリティ向上の経験を生かして、2021年9月からSmartHRでWebアプリケーションを初めとした業務システムのアクセシビリティ向上に取り組む。
全ての人がストレスなく業務システムを活用できるようにするため、自社サービスのアクセシビリティ向上に注力する傍ら、社内外でアクセシビリティを高めるためのコンサルティングや啓発活動を行っている。
・無料でオープンソースのWindows用スクリーン・リーダー NVDA日本語チーム 副代表
日本視覚障害者ICTネットワーク 設立準備メンバー
筑波技術大学 非常勤講師
Katsutoshi Tsuji|note


第四部:質疑応答


※今後内容が変更となる場合がございます。

注意事項

・本イベントの対象者様以外、または同業他社様のお申込みについては、お断りさせていただく場合がございます。
・本セミナーはオンラインで開催いたします。オフィス/リモートワーク先/ご自宅からぜひお気軽にご参加ください。

お申込み

受付は終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました。


本セミナーはZoomで配信いたします。
お申込時に記入頂きました氏名・メールアドレスはZoom Video Communicationsに共有され、自動的にお申込者専様用の視聴用URLを発行いたします。
当該URLを含め当日の参加方法は、お申込完了後、改めて当社からご案内します。

ご入力頂きましたお申込者様の情報は、当社の個人情報保護方針に従い厳重に取扱います。
個人情報保護方針につきましては下記リンクよりご確認いただけます。
株式会社SmartHR