「今までの会社で導入していなかったことを後悔した」―SmartHRお客様の声

グッドパッチは、日本では数少ないUIデザインに特化したデザインカンパニーです。

2011年に創業して現在5期目ですが、従業員数は東京に85名、ベルリンに10名の従業員がおり、合わせて約100名の規模にまで成長しています。(2016年5月現在)

また、自社製品のプロトタイピングツール「Prott」は世界140ヶ国以上で利用されています。

今回は、日本だけにはとどまらず、世界で使われるサービスを目指して積極展開しているグッドパッチの労務を担当する今津さんと辻さんに、SmartHRを導入したことで現場にどのような変化があったのかをお聞きしてきました。

まず、お二人の業務についてお聞かせください!

辻さん:僕はずっと経理選任のキャリアだったのですが、2016年2月にグッドパッチに入社し、経理に加えて労務も担当しています。

今津さん:私は2016年3月に労務専任として入社しました。

現在、労務はどのような体制をとっているのでしょうか?

今津さん:労務は私たち2名で担当しており、労務を含む管理部は4名で構成されています。私たちが入社するまではCFOと経理が兼任で行っていましたが、会社の急成長に合わせてバックオフィス体制を整えました。

今までの会社でSmartHRを導入していなかったことを後悔した

なぜSmartHRを導入したのでしょうか?

今津さん:以前から労務の効率化をしたいと考えており、代表とCFOがSmartHRのリリース直後に導入しました。

辻さん:しかし当時は労務担当者がいなかったため、あまり本格的に活用はされていませんでした。その後、私が入社したタイミングですぐにSmartHRを本格使用しました。

実際に使用してみてどうでしたか?

辻さん:労務は弊社に入社してから初めて携わりましたが、SmartHRがなかったらかなり大変だったと思います。SmartHRは労務としての業務が初めてでもわかりやすいデザインで、簡単に手続きができるのでかなり助かりました。

今津さん:SmartHRは『TechCrunch Tokyo 2015』で優勝したサービスとして前々から存在は知っていましたが、前職では特に使おうとは思っていませんでした。しかし、実際に触ってみるとデザインがシンプルで使いやすく、入退社の手続きもSmartHRのみで完結してしまう。これはスゴイと思いました。

前職では入退社手続きはもちろん手書きでおこなっており、役所まで行って並ぶこともありました。SmartHRが導入されていれば、そういった無駄なことは一切なく、SmartHRのみで完結するので、なぜ今までの会社で導入していなかったのだろうと後悔しました(笑)。

辻さん:他にも監査ログが取れるなど、セキュリティ面がしっかりしていることに驚きましたし、すぐに運用を開始できた理由の一つです。

今津さんグッドパッチ

従業員情報が一元管理され、コストを削減しつつ業務が大幅に効率化された

SmartHRを導入して期待していた効果は得られましたか?

辻さん:はい、手続き関係の効率化以外にも、従業員の各種情報が色々なサービスやエクセルなどに散らばっていたのですが、SmartHRで一元管理できるようになりました。さらに給与明細の配布もできるので、コストや時間の削減になり、業務が大幅に効率化されました。

業務が効率化されたとのことですが、逆にSmartHRを使い始めて大変だった点はありますか?

今津さん:SmartHRの機能や操作で大変だった点はありませんでした。しかし、社内的なことになるのですが、従業員にSmartHRに情報を入力するようにメールで招待しても、メールを見ていない人が多かったのは大変でした。弊社の場合、クリエイターが従業員の大多数を占めるので、Slackでのコミュニケーションが多く、メールを見る習慣がないんです(笑)。

弊社もSlackの方が見られています(笑)。さて、いろいろとお褒めいただきましたが、SmartHRへのご要望はありますか?

今津さん:要望はいくつかあります。まずは管理者の中でも権限によって閲覧内容が変えられると嬉しいです。従業員情報には標準報酬月額が載っていますし、まだSmartHRに登録はしていませんがマイナンバーも収集予定ですので……。

現在、閲覧権限については優先度高めで開発を予定していますのでお待ちください!

(※ 現在は開発・実装済み。詳しくはこちらをご覧ください)

辻さん:あと、これは難しい要望だと思いますが、異動届を出す際、退社する従業員の住んでいる市区町村が発行している異動届のフォーマットを探すのに苦労することがあります。なので従業員のページからその従業員の住んでいる市区町村のフォーマットがダウンロードできるようになると嬉しいです(笑)。

あまり知られていないのですが、異動届は市区町村専用のものでなくても受け付けてもらえます! オススメのフォーマットは八王子です(笑)。宛先の「○○殿」の箇所だけ変えて提出すれば問題ありません。

辻さん:そうなんですか!? 知りませんでした……!

SmartHRの使い方以外にも、手続きで困ったことがあったら私たちに聞いてください!

サポートが早いので、仕事が止まることがない

それでは、SmartHRの良い部分はありますか?

辻さん:とにかくチャットの対応が早いことが嬉しいです。わからないことがあっても、すぐに回答をもらえるので仕事が止まるということがないのでかなり助かっています。

今津さん:本当にレスポンスが早いです。サポートの人に質問をして、その間に他の業務をしようとしていたら、間髪入れずにすぐ返信が来たということもありますね(笑)。

辻さん:返信が遅くなるときも、「◯時頃にはお答えいたします」と言っていただけるので、いつ返信がくるかわからずイライラするということもありません。

そうえいば、チャットの問い合わせ画面に3人の顔写真が載っていますが、実際何人でサポートを担当しているんですか?あまりに迅速に対応いただけるので、サポート担当が何十人もいるんじゃないかと思っているのですが(笑)。

本当に3人です(笑)。最近ではほとんど2人で対応しています。それぞれ他の業務と兼任しています。

今津さん:それはすごいですね……!

辻さん:レスポンスの早さだけじゃなく顔文字も多かったり、面白い回答がきたり、気楽にコミュニケーションが取れるので全くストレスがありません。

サポートの対応がサービスの印象を左右すると思いますね。気軽なチャット形式になっているけれども、レスポンスが遅すぎてメールと変わらないサービスも多いですからね。

ありがとうございます! サポートには力を入れていて、直近90日間の回答までの中央値は2分でした。これからもより良いサポートをできるように頑張ります。それでは、最後に質問です。SmartHRを0から10で評価するといくつになりますか……?

辻さん:9ですね。これからさらに良くなると思うので期待を込めました(笑)。

今津さん:10です! 本当に業務が効率化されて、今までの仕事はなんだったんだろうと思っています。

ありがとうございます! 辻さんにも満点と言ってもらえるようにカイゼンしていきますので、これからもSmartHRをよろしくお願いします。 今津さん、辻さん、本日はありがとうございました!

000IMG_1052

株式会社グッドパッチ
グッドパッチは、日本では数少ないUIデザイン・サービスデザインに特化したデザインカンパニーです。サービスのコンセプトデザイン段階から実装までワンストップで提供しています。また自社製品のプロトタイピングツール「Prott」は世界140ヶ国以上で利用され、デザインプロセスに変革をもたらしています。
http://goodpatch.com/jp

導入事例 一覧
社名
株式会社グッドパッチ
業種
IT・インターネット
従業員数
約100名
(2016年5月時点)

TOPICS
・今までの会社でSmartHRを導入していなかったことを後悔
・コストを削減しつつ業務が大幅に効率化
・サポートが早いので、仕事が止まることがない
SmartHRを
無料で試してみる

お役立ち資料集

さぁ、人事労務から変わろう。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明いたします。
また、SmartHRは15日間無料でお試しいただけます。